野菜不足になると…?

野菜不足になると、

 

  • 体調を崩しやすい
  • 肌荒れ・ニキビができやすい
  • 便秘になりやすい
  • 口内炎ができやすい

 

などの身近な症状をはじめ、健康診断だと中性脂肪・コレステロールなどの数値に異常が出やすくなり、酷くなると高血圧・糖尿病などの生活習慣病を発症する確率が高くなります。ベストな健康状態を保つためにも、野菜の栄養を補給することはとても大切です。

野菜の栄養とは?

野菜を食べないでいると、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養が不足しやすくなります。どれも大切ですが、特にビタミンとミネラルは、私たち人間の健康を維持する上で欠かせない栄養素です。

 

また、水溶性ビタミン(ビタミンC・ビタミンB群など)は、体にストックすることができない成分のため、毎日の食事で必ず補給しなければいけません。

 

野菜不足の解決にサプリが手軽!

 

野菜を食べないといけない、ということはわかっていても、野菜嫌い・外食が多い・食事に気を遣う余裕がない、などの理由からなかなか対策することができない人も多いです。そんな人のためにおすすめなのが、ビタミン・ミネラルをはじめとした幅広い栄養成分を配合したサプリメントの利用です。

 

現在、サプリメントは非常に多くの種類が販売されているため、どれを選べば良いのかわからない、といった状態に陥っている人も多いはず。当サイトは、これを選べば間違いなし!のサプリを厳選して紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

野菜不足解消サプリランキング

 

ミドリムシナチュラルリッチは、数々の健康番組でも紹介され話題のミドリムシを配合したサプリメントになります。ミドリムシには、アミノ酸18種類・不飽和脂肪酸11種類・ビタミン14種類・ミネラル9種類・パラミロン他7種類、という人間の健康に欠かせない栄養が59種類凝縮されています。

 

また、体に害のある添加物は含まず完全無添加、そして原料は国産物を国内生産により製造しています。全てにおいて安心飲めるため、子どもから大人、妊婦さんもOKのサプリメントとなっています。

 

 

カゴメ リコピンVEは、トマトに含まれる有効成分リコピンを高配合したサプリメントになります。1日分にトマト約2個分のリコピン20mgを含有しています。リコピンは、血管の老化を防ぎ善玉コレステロールを増やす作用もあります。

 

リコピン以外にもビタミンEとオリーブオイルが含まれており、より大きな相乗効果が期待できます。当サイトより30日分が初回半額の購入ができます。

 

 

体にうれしいマルチビタミンは、不足しがちな10種類のビタミンを凝縮したサプリメントになります。よくある化学合成ビタミンは使用せずに、食品由来の原料にこだわったビタミンを配合しています。

 

βカロテン・ビタミンB1・B2・B6・ナイアシン・ビオチン・葉酸・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンEという10種類の成分を含有している栄養機能食品となっています。当サイトより初回は20%OFFの購入ができます。

 

 

野菜不足を解消するには?

 

日本人の食の欧米化、とはよく耳にする話です。近年日本人の食事の高脂質化により、生活習慣病の罹患率が極端に増加し社会問題となっています。

 

そして生活習慣病と関連づけられて語られるのが野菜の摂取量の不足です。野菜は体調の調整に様々な働きを担う食材であり、ビタミンや食物繊維が特に生活習慣病に重要とされます。

 

そのため野菜不足が続けば短期的には小さな不調が続くようになりますし、長期的には大腸がんなど大病の直接の原因となってしまうのです。

 

野菜不足を解消するためには、当然ながら野菜を食べることが最も基本な解決法となります。実際に一日の必要な栄養素を満たすには予想よりも多くの野菜を食べなければならないことに気付くと思いますが、多少不足していても野菜を食べないのとでは大違いですので、できるだけ毎日意識して野菜を食べなければなりません。

 

野菜を食事である程度摂取するのを前提に、不足分を補う手段はいくつかあります。まずは野菜ジュースなど手軽に野菜を摂取できる食品・飲み物を利用すること。

 

近年の健康ブームにあやかり様々な野菜ジュースなどが各メーカーから販売されています。スティック型で野菜たっぷりの健康補助食品などもあります。

 

またさらに手軽な方法としてサプリメントの摂取があります。サプリメントは主にマルチビタミンなどを用いて野菜不足分の埋め合わせとすることになりますが、食物繊維が不足しないように気をつける必要があります。

 

野菜不足のときに補給したい栄養はなに?

 

野菜は毎日しっかり摂取したい食材であり、野菜を中心とした食事は様々な病気を予防し健康を増進しますが、逆に野菜が減り肉が多くなると生活習慣病のリスクが高まってきます。したがって毎日、できれば毎食野菜をある程度摂るべきです。

 

とはいえ、外食中心の方ですとなかなかそうもいかないのが現実ですよね。そこで、野菜不足の時に特に摂取したい栄養素を挙げてみます。これらの栄養素を補給することで、ある程度は野菜の代わりとすることもできるでしょう。

 

水溶性ビタミン(ビタミンB群・C)

 

多くの野菜には豊富な水溶性ビタミンが含まれています。体内でこれらのビタミンは非常に多岐にわたる働きを担っているため、極端に不足すると全体的に体が不調となってきてしまいます。またこれらのビタミンは短時間で水分に溶けて尿の中に混じってしまうため、一時に大量に摂取しておくということができません。したがって定期的に、できる限り毎日摂取しなければなりません。

 

必須ミネラル

 

野菜に含まれる必須ミネラルの絶対量はそれほど多くはありませんが、土壌のミネラルを吸い上げているため多くの種類のミネラルを微量に含んでいます。野菜の摂取量が極端に不足するときは、マルチミネラルサプリメントのような全体的にミネラルを補給できるサプリメントを利用したいものです。

 

食物繊維

 

これは非常に重要です。食物繊維を含む食材は野菜だけではありませんが、野菜を食べない人はその他の食物繊維を多く含む食材もほとんど食べていないことが多く、特に外食では摂取しにくいのです。極端な不足が続くと非常に深刻な便秘や腸内環境の悪化を招きます。できるだけ他の食材で食物繊維を補うべきです。